私とお花とインド







。。オランダに来る前は、
日本で、一人暮らしをしながら、
本場のインド料理店で、店長代理。。というか、
そこのお店に、たまたま店長が辞めて居なかったので、^^;
なんの経験も無い私だったのに、
34才の時。。でしたが、
店長をしてました。。♪♡^^
(これを読んでいるみなさんも、びっくりしますね。。^^:)



今の自分の暮らしからは
とても想像が出来ないのですが、^^;
そこのお店は 大型商業施設の中に入っていたので、
他にも飲食店やアパレル関係のお店や雑貨店や
映画館。。とかも
たくさん入っていたので、
月に一度、店長会議の売上げ報告会。。にも、
私は 民族衣装を着たまま、、^^;参加したり、
そこの施設を運営している、
経営者さんと営業の方との面談とかも
毎月あって、お店がどうすれば顧客収集出来るか。。とか、
そんな話を 経営者さんと話したり、、
アルバイト・パートさんを 私が面接したり。。
(自分でも 信じられないです。。笑)
みんなのシフトを作ったり。。
新しいメニューを考えたり。。してました♪♪♡


なんだか、あの頃は、
一人暮らしで、寂しかったけど、
働いているときは、
元気いっぱいの大学生の男の子たちや、
インド・ネパール人の留学生の男の子、女の子たちや、
出稼ぎに来ているネパールのコックさん。。たちと、
インド人の社長さんにも、
たくさん助けてもらいながら
朝から深夜まで、、時給は安かったけど、;;
おいしいカレーのまかないも毎日食べれたし、
綺麗な民族衣装を着て、働けることも、
純粋にとてもうれしかったので、
3年間。。でしたが、がんばることが出来ました♡♡^^


インドにも、
その時にアルバイトに来ていた、
インド人の男の子の家族と一緒に行ったので、
ムンバイとコルカタには、
その男の子の、親戚と家族が住んでいて、
とても温かく歓迎してもらえたので、
混沌とした国で、何が起こるかわからないインド。。で、
私は そこの家族や親せきの人たちに
たくさん守ってもらいながら。。。涙;;
インドに滞在することが出来たんですね。。♡♡
なので、私の宝物の思い出です。。♡♡♡☆彡



‘’ ずっと、この店で働いてていいよ!”。。って、
周りの人から言われてたんですけど、^^;
やっぱり 37才になった時に、
誰かと結婚したい気持ちが強くなったので、
日本の人では、なかなかいい人が見つけられなかったので、;;
外国の人だったら、お嫁にもらってくれるかな。。と、
簡単にそう考えて、、^^;
国際結婚することを選びました。。☆彡
これも、外国に憧れの気持ちがとてもあったので、
その時の自分は ”こうするしかない☆彡”。。と
思い込んでたので。。^^;
ほんとうに何にも知らない世界に
飛び込むことになりました。。苦笑



。。自分が思ったよりも、
異国での暮らしは 過酷に感じる事が多くて、
初めの頃は たくさん泣いてたけど、
自分で進んだ道。。だったので、
どうにかこうにかしながら、
オランダのフラワーアレンジメントの勉強を
初めて。。トップのお花の世界の事も
少し垣間見たりすることも出来て、
最先端の オランダのフラワーアレンジメントは、
私は ついていけないと感じることが多かったので、
私なりに自分が好きなお花ちゃんたちと
触れ合っていくことを 
暮らしの中で大切にしていくうちに、
とても癒されるようになってきました。。♡^^



。。でも、ここに居ても、
心はいつもインドにあって、
(インドは 母方のおじいちゃんの、お父さんが、
インドに渡って亡くなったのですが、
どこで亡くなったかは わからないままです☆彡☆彡)
インドの思い出。。と、民族衣装の憧れ。。は、
私の中から消えることが無くて☆彡
毎日、サリーを着ていたいな。。と、
思うようになりました。。♡♡♡



今、サリーの着方を練習しています♪♪♡^^♡






。。長くなってしまって、
すみません。。☆彡


今日も
ありがとうございます♡